「は」と「が」の違い

Written by : Shinya Suzuki

日本語は英語に比べてロジカルじゃない。

そういう風に思っている人はとても多いんじゃないだろうか。僕も少し前まではそのうちの1人だった。文法がはっきりしていない日本語をもし外国語として習うことになったらすごく難しいだろうな…、なんて考えて日本語を学ぶアメリカ人の学生に同情していた。

もちろん英語にも説明がつきにくい部分は数多くある。でも、ある一定の法則というのは割とはっきりしてるし、それがわかってしまえばかなりの応用がきく。でも日本語の勉強の場合、そうはいかないだろうと思っていた。

ところが、今学期からUniversity of Idahoで開講されている日本語クラスを手伝う事になり考え方が変わった。

日本語の文法も実はかなりロジカルに説明がつく場合が多い。

日本語っていうのは決して非論理的ではなく、実はかなり規則的な法則にのっとっている。生徒からの日本語の文法に対する質問に答え、日本語を一つの外国語のようなものとして見つめていく内に、そんなことを考えるようになった。最近は日本語は曖昧な言葉だから…と言って諦めず、文法などについてもう少し自分なりに勉強してみようと心掛けている。

ところが、どうしてもうまく説明できない日本語の文法に早速ブチ当った。まあね…、いくら勉強しようと決めたからって、そう簡単じゃ〜ないわな(笑)。

その説明がつかない文法というのが、「は」と「が」の使い方の違いについてだ。

わたし「は」鈴木です。
わたし「が」鈴木です。

この「は」と「が」の違いが理解できないアメリカ人の学生は特に多い。というのも、英語に直すと両方とも

I am Suzuki.

となってしまう。英語には「は」と「が」の違いがないからのようだ。

僕は最初、この「は」と「が」の違いについて、なんとなくは説明ができると思っていた(そしてなんとなく説明をしていた)。ところが、説明をしていくうちに、それが適用できない例外がものすごくたくさんあることに気がついた。

そこで、この「は」と「が」の違いについて簡潔に説明するため、インターネットを使い、いろいろと検索をかけ調べてみた。ところが、どのサイトも説明の仕方、解釈のしかたなどがまちまちで、どれも的を得た感じがしない。

く〜、日本語は本当にわけがわからん…

…とまた投げ出しそうになってしまった(苦笑)。

でも、いろいろ調べていくうちに、この「は」と「が」の使いわけについて、多くの日本語教師の方達が説明に苦労しているということがわかり、まあ僕のようなヘッポコ日本語TAが説明できないのは当然だろうと開き直ってしまった(笑)。

でもここは良い機会なので、辛抱強く我が母国語である日本語を客観的な目で見直してみようかな〜なんて思っている。日本語クラスの生徒達も、日本語に一定のルールがあるってことがわかれば、今までよりもきっと楽しく勉強できるはずだしね。

▼「は」と「が」の違いで参考になるページ
日本語教育に関するFAQ
Japanese Particles



Last Update : 2003/11/11

>>コラム一覧に戻る


Copyright (C) 2004 Shinya Suzuki. All rights reserved.
質問はお気軽にどうぞ:shinya@iloveidaho.com